性病は名医であっても短期間で治すことができない

性病というのはどれだけの名医であっても、短期間で治すということはできません。
例えば出来物ができたという場合であれば、それを取り除けば治療が完了とした場合軽いものであれば一日でも治すことができますが、性病というのは原因となる菌やウイルスがいなくなるのを待たなければなりませんから、名医であっても早く治すことはできないのです。

性病の治療は内服治療が基本となりますが、薬というのは量を増やせば効き目が高まるというわけでもありませんから、短期間で治したいからといって薬の量を増やしても治るわけではないのです。
それでは、名医による治療を受ける意味が無いのかというとそのようなこともなく、名医が名医たる所以は病気の診断が的確で適切な治療をすることができるため、治療のために遠回りをすることがないので最短距離で治療をすることができます。
そのため、名医に頼ることによって遠回りをしない分だけ短期間で治すことができるということはありえるのです。

性病の治療は薬を飲むだけですから、最初からどのような病気に感染しているのかわかれば、素人が自己判断で薬を飲んでも、やぶ医者の処方であっても、名医が薬を処方する場合であっても薬の飲み方や期間が間違っていなければ治る早さというのは限りません。
しかし、素人の判断やヤブ医者にかかってしまった時には全く見当違いの病気を想定して、関係のない治療を開始することになるのでいつまでたっても病気が治らないということは有り得る話なのです。
名医だからといって病気が治るのはその人の健康状態次第なので早くなるということはありませんが、余計な遠回りをしてしまうと治りが遅くなるのでそのような観点で腕の良い医者のほうが短期間で治療ができるといえます。