性病は肛門性交やオーラルセックスからも感染する

性病は性行為によって感染する病気ですが、性行為といっても挿入行為だけでなくオーラルセックスや肛門性交でも感染をする可能性があるので挿入をしなければ安心だと思わずにどのような性行為であっても予防をしっかりするようにしましょう。

性病は粘膜との接触によって感染をするものとなっているので、挿入のないオーラルセックスでも喉と性器が接触することになりますから、喉から性器に性器から喉に病気が感染することがあります。
肛門性交も同様に直腸と性器が直接ふれあうことになるので、粘膜を通じて感染をすることがありますし、さらに肛門性交というのは通常の性交と比較をして怪我をしやすいものとなっているので、微妙な切り傷の中から病原菌が入り込んでくるということがあるのです。

性病を防ぐためにはまず性交をしないことですが、それが無理であれば信頼のできるパートナーとだけ性交を行うようにしましょう。
そして、避妊の目的だけではなく性病の予防のためにコンドームを着用するということも重要な事であり、最初からコンドームを着用して性行為を行えば粘膜との接触が避けられることになるので性病の予防につなげることができます。

コンドームを着用することによって、物理的な接触を避けることができますから避妊だけでなく性病の予防にも効果があるのです。
しかし、正しい使い方をしなければせっかくのコンドームも意味がなく、性行為の途中からつけるといった使い方をすれば付ける前に感染をしてしまう可能性もでてきますから、性病を避けたいと思うのであれば性行為が始まる前に装着をして挿入だけでなく、オーラルセックスや肛門性交の場合にもかならずコンドームを付けるようにしましょう。